総合福祉センター
にながわ敬寿苑

認知症グループホーム

特徴
お気に入りの家具や思い出の品々を身の回りに置いて、個室で気兼ねなく暮らすことができるので、これまでの生活に近い環境の中で、精神的に安定した時間を過ごすことができます。
入居者様がお互いに助け合って暮らすことで仲間意識が芽生え、それぞれに応じた役割を果たすことで生きがいのある毎日を送ることができます。またそのために認知症の進行を遅らせることもあります。
限られた少人数での生活のため、気心の知れたスタッフが入居者様一人ひとりの個性や状態に応じた、きめ細かで柔軟性のある対応をとることができます。
毎日の生活
9人の方々との共同生活の中で、各々の入居者様に応じた一日を送ることが出来ます。入居者様が自分らしい生活を送れるようご支援いたします。掃除や洗濯など不安なところはスタッフがお手伝いしますので安心です。

食事
皆さん一緒に食事の準備を行い、そろって食事をすることで、家族で過ごすような気安さが生まれ、また季節に応じたメニューが楽しめます。
手作りおやつを色々と工夫し、誕生会などの催し物を行います。
食事の後の口腔ケアはスタッフがお手伝いします。

入浴
一般家庭にあるような浴室で温泉を楽しんでいただけます。
※機械浴がありますので、足腰の不自由な方でも安心して入浴できます。

余暇
時間のあるときは、ご自分で自由な時間を過ごしていただけます。家庭菜園の野菜作りや園芸、お庭の散策、時には皆さんご一緒に体操やレクリエーションを楽しみましょう。お天気や季節によってドライブがてら、お花見や買い物へも行けます。
医療面でのサポート
看護師による健康チェックを行います。入所中の服薬の支援や体調についてのご相談もお受けします。
かかりつけの医師が定期的に往診。いつものお薬の管理だけでなく、不安な病状についてのご相談も出来ます。
急に具合が悪化したときは、スタッフが病院へ付き添います。
利用開始にあたって

要支援・要介護の必要なサービスを受けるには事前の介護認定が必要になります。
詳細については、お近くの地域包括支援センターや介護支援専門員、または市町村の担当窓口にお問い合わせ下さい。

ご利用の対象となる方
要支援2か要介護(1~5)の認定を受けた方
問い合わせ先
【秋乃家】グループホームにながわ(認知症対応型共同生活介護)
TEL:076-428-3337 (月~土 8:30~17:15)
施設のサービス
むつみグループ
社会福祉法人 富山城南会
Copyright(c) 2018 MUTSUMI Group All Rights Reserved.
 
TOP